「性教育講話」実施!

御前崎市総合病院の助産師さんによる講話

御前崎市総合病院の助産師さんによる講話

「自分が生まれたとき家族はどう思ったか?」を生徒が発表しました

「自分が生まれたとき家族はどう思ったか?」を生徒が発表しました

母親から子どもへ紙芝居を通じてメッセージ

母親から子どもへ紙芝居を通じてメッセージ

 1年生を対象に、「性教育講話」を行いました。「自分が生まれたとき家族はどう思ったか」を事前に家の人に聞き、それを代表者がみんなの前で発表しました。また、御前崎市総合病院の助産師さんから、生命の神秘や母親が大変な思いをして出産したことを教えていただきました。自分の家族や命に思いをはせて、これからの生活に生かしてもらえたらと思います。

PAGETOP