3年薬学講座

 10月7日(水)に3年生が薬学講座を受けました。講師として菊川警察署生活安全課スクールサポーターの中村匡秀様に来ていただきました。テーマは『身近に潜む薬物の害と社会における自己責任』でした。今回は、中学生に正しい知識を教えるとともに、シンナーや大麻、覚せい剤など薬物乱用による被害を未然に防止することを目的でした。DVDの映像では、高校生が騙されて薬物を使用し、薬物中毒となり、やめられなくなってしまうという恐ろしい内容のドラマを観ました。また、講師から「1度でも手をつけてしまうとやめられなくなってしまう」「先輩など身近な人から勧められることがあり、気を許しやすい」「薬物と言わずにハーブと言って購入させる」などの事例を紹介していただきました。また、菊川署管内でも薬物乱用の事件が起きており、身近な危険事案であることのお話をしていただきました。今後、大人になっていく中学生にとって薬物に気をつける良い機会になりました。

PAGETOP