3名の教育実習生、ありがとうございました

 5月21日(月)から小野田葉月さん、松本未央さん、河原﨑彩香さんの3名が母校である浜岡中学校で教育実習を行いました。小野田さんは国語で、クラスは2年1組。松本さんも国語で、クラスは2年3組。河原﨑さんは保健体育で、クラスは1年5組でした。実習当初は、学校の教育活動について説明を受けたり、担当教科の見学をしましたが、2週目からは実際に授業を行ったり、学級での活動に一緒に参加したりしました。6月5日(火)に3名とも研究授業を行い、教育実習の集大成となる授業を行いました。6月8日(金)で3週間の教育実習を終え、大学での学生生活に戻ります。3名の教育実習生には、浜中生がお世話になり、良い思い出になりました。ありがとうございました。3名の教育実習生から一言ずついただきましたので紹介します。

《小野田葉月さん》

 最初は不安と緊張ばかりでしたが、温かく迎えてくれた浜中生に勇気をもらいました。皆さんの「元気」と「明るさ」はきっと力になるはずです。これからも浜中生の皆さんは前を向いて進んでいってください!3週間、ありがとうございました。

《松本未央さん》

 浜中生のみなさんは、「真剣な時は真剣に」「楽しむ時は思いっきり楽しむ」ことが自然とできていたように感じます。これからも続けていき、素敵な日々を過ごしてください!浜中に来られて良かったです。ありがとうございました。

《河原﨑彩香さん》

 「他喜力」これは私が大切にしている言葉です。誰かのためを思って行動すれば、いずれ自分の力となって返ってきます。これから夏の大会や秋華祭など、みんなで協力する場面があると思います。自分のためではなく、誰かのために行動できる思いやりいっぱいの浜中生でいてください。3週間、ありがとうございました。

 

PAGETOP