2学期始業式

     8月26日(月)に2学期始業式が行われました。1年生代表の阿形涼香さんは、部活動で良い活動がさらに多くなるように取り組むこと、また学級委員として呼びかけを活発にしてクラスの目標を達成できるようにしたいと話しました。2年生代表の澤野志緒莉さんは生活面では2分前着席を守ること、授業と休み時間の切り替えをすること、学習面ではテスト前だけでなく、普段から復習にしっかり取り組むこと、部活動では準備片付けや声出しなど一つ一つの行動の質を高め、練習の成果を試合に出したいと目標を話しました。3年生代表の大津侑璃さんは受験の意識を高め、部活動がなくなった分を勉強に充ててがんばること、受験にむけた普段の振る舞いを向上させること、行事に全力で取り組み、良い思い出にすることについて話しました。3人とも2学期の生活にむけたやる気が伝わる内容でした。

 校長式辞では、部活動の活躍や新チームの清掃活動、弦楽合奏部の清風園訪問など夏休みを振り返りながら「奉仕作業や清掃活動などの人との関わりはレジリエンス(精神的回復力)を高めます。積極的にそうした活動に取り組みましょう。」と話してくださいました。また、「移動教室等でカギをかけない学校にしよう。これは生徒だけでなく、地域や家庭の願いでもあります。」と生徒に訴えました。

 「高め合い、感動ある秋華祭を創るステージ」が目標の第3ステージがスタートしました。

PAGETOP