1年生が福祉体験を行いました

 7月11日(水)に1年生が福祉体験を行いました。アイマスク体験や点字体験を行うことを通し、視覚に障がいのある方が置かれている状況を経験することで、障がいのある方への理解を深め、健康への意識を高めることを目的に行いました。

 アイマスク体験を行った生徒は、「アイマスクをつけると不安になり、誰かに近くに居てほしくなる。」「アイマスクの人をサポートするには細かなことまで伝えるのが大変だった。」などの思いをもちました。また、点字体験をして、「点字は何て書いてあるか見ないと分からないから、目が不自由な人はすごいと思った。」や「点字は、何の字を表しているか分からないし、打つときも難しかった。」と視覚障がいの方々の苦労を知ることができました。

 

PAGETOP