鑑賞教室を楽しみました

 11月22日(木)に御前崎市民会館で演劇鑑賞を楽しみました。演目は芥川龍之介原作の「杜子春」で、「人として大切なものは何か!」を考えさせられる内容でした。表情豊かな役者さん、場面をイメージできる舞台セット、迫力のある音響と「本物体験」のできる時間となりました。

 第2部として、代表生徒12名による演劇体験を行いました。まず、10名で歯切れの良い滑舌、想いが伝わるボディアクションを教えていただきながら実演しました。あとの2名は実際に出演していた衣装を着て、アクションシーンの実演を行いました。代表生徒による演劇体験は会場の笑いを誘っていました。

 演劇の楽しさを実感できる時間となりました。

PAGETOP