職員が校内危機管理研修会を行いました

    7月23日(月)に職員が校内危機管理研修会を行いました。養護教諭が準備した資料やDVDを通して、アレルギー症状への対応やノロウィルス等への対応について、確認し合いました。トレーニング用のエピペンを打つ練習をグループで行ったり、ノロウイルス等による嘔吐があった場合の処理方法について、学校で用意している吐しゃ物処理セットを使って対応する手順を確認したりしました。

 その後、御前崎市消防署の赤堀さんと中嶋さんに来校していただき、心停止の方に対して一次救命処置を手順通りに行えるように指導していただきました。また、AEDの使用について、トレーニング用AEDを使い、練習しました。最後に、実際に心停止が学校で起こったことを想定してロールプレイを行いました。

 万が一に備えて、職員の知識と対応力を高める研修になりました。

PAGETOP