教育委員会訪問がありました

 2月9日(火)に御前崎市教育委員会訪問がありました。第1時の授業を参観していただき、その後に会議室で懇談を行いました。懇談では、「コロナ禍で大変な中、主体的、対話的で深い学びの授業改善にむけてがんばっていた授業があった。グループでの対話は大事にしてほしい」「登校中に浜中生が元気よくあいさつをしてくれて、浜中のイメージがとても良い。全体として生徒がとてもポジティブで、主体的な取組がされていて素晴らしいと思う」「2年4組の音楽の授業で、じっくり曲を聴いているのがいいと思った。曲について文章に表すことは難しいが、生徒たちには先生から[例]が示されていて、スムーズに行うための配慮がされていてよかった。また、みんなで考える活動がされていた」「地域担任をしているが、後輩に信頼される上級生になりたいと多くの生徒が話していた。また、6人の中で2人は担任の先生のようになりたいと先生を目標にしていた。子供との関係が良いから、お互いを認め合っている関係になっていると思う」「仮設校舎の2年間はどうなるか心配していた。マイナスになることを恐れていた。しかし、逆にがまんと制約があり、子供が成長するには良い環境だったかもしれない。大変だったと思うけどよく成長してくれたと思う。先生も生徒もキビキビシテいる印象だった」とたくさんのプラス面をほめていただきました。また、「家庭と学校との連絡を密にしていく。さらに学力を高めていく。家庭学習の充実を図る」等、保護者、生徒アンケート等からの課題についてご意見をいただきました。

 来年度、より良い学校を目指していくための良い機会になりました。

PAGETOP