情報モラル講話

 6月20日(水)に情報モラル講話を行いました。講師としてNPO法人e-Lunchの大嶋千恵子さんに来ていただきました。e-Lunchは、『地域の情報化支援』を活動目的として、平成15年4月に設立されました。インターネットの普及や情報機器の多様化に伴い、その便利さや楽しさを享受する一方で、青少年のネットいじめ、あるいは違法・有害情報等による悪影響、個人情報の掲載によるトラブルなど、多くの問題が心配されています。そこでe-Lunchでは、青少年のインターネット安全利用啓発活動に力を入れ、小・中学校、高校において、児童・生徒向け、保護者向けの講演会や、教員・教育関係者への研修会を実施しています。平成26年度は165回を数え、活動範囲は静岡県内に限らず、全国から申込みがある団体です。情報化社会に生きる子どもたちが、将来ICTを賢く使いこなせる社会人となるために、情報モラルと適正な判断力を育む支援をしています。

 今日の講話では、「インターネットとの上手な付き合い方」という内容で、「インターネットの特徴」、「SNSの落とし穴」、「インターネットの使いすぎによる弊害」について貴重なお話をしていただきました。生徒たちに身近となった「インターネット」。その使い方について勉強となる時間でした。

 

PAGETOP