国立教育政策研究所 中野澄 総括研究官 をお招きしての校内研修

 8月4日(金)国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター総括研究官 中野澄先生をお招きして、校内研修を行いました。学校評価生徒アンケートの結果を意識しながら指導を改善するPDCAサイクルを回すことが重要であることを御指導いただきました。そのためにも、実践の成果と課題を教員が共有していくとも教えていただきました。

 私たち浜岡中学校職員は、生徒アンケートの「授業が分かる」と答える生徒の割合を増やすために、各学年ごとに話し合いを持ち、どうすればその割合が増えるか、様々な視点から話し合いを行いました。

国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター 総括研究官 中野澄 様

「授業が分かる」という指標を上げるために何をするのか考えます

具体的に取り組む内容をみんなで共有します

PAGETOP